【2640日目】福岡県高等学校福祉教育研究部会様の定期総会にて「障害者の性」に関する講演


2日目は、福岡県高等学校福祉教育研究部会様の定期総会@ウェルとばた にて、「障がいと性 〜障がいのある人の性の健康と権利を守るために〜」という演題で、90分間講演をさせていただきました。

福岡県各地の高校の教員の方々&校長先生方の前での講演、ということで内心緊張しまくりだったのですが、無事に終わってホッとしております。お聞きくださった皆様、本当にありがとうございました。

高校の福祉教育の現場で、どのように障がいと性の問題を教えていくか、という難題に対して、ホワイトハンズなりの回答を提示させて頂きました。キーワードは、「自尊心」「社会参加」だと思います。性の問題を自尊心の基盤、かつ社会参加への原動力と捉えて、日常の生活支援の延長で向き合っていく、という当たり前の姿勢が大切ではないでしょうか。

北九州、今度はゆっくり観光で訪れたいですね〜。

二日間、お世話になった福祉研究部会関係者の皆様、ありがとうございました。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2639日目】福岡出張1日目


出張1日目は、福岡空港から福岡市立美術館にて「肉筆浮世絵の世界」を観覧して、天神〜博多の書店めぐり。

肉筆浮世絵の世界、良かったです!学芸員の方ともお話をさせて頂き、勉強になりました。

また個人的には彫刻家・佐藤忠良さんのファンなので、屋外で作品を鑑賞できてホクホクでした。

書店めぐり、昨年の『男子の貞操』に引き続き、リブロ福岡天神店様が『はじめての不倫学』のポップを置いてくださるとのこと、改めて大感謝であります。ご恩に報いることができるよう、頑張って営業します!

その後は、特急のソニック号で北九州の黒崎へ。高校の皆様に懇親会を開いて頂き、楽しい時間を過ごせました〜。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2638日目】明日から北九州出張


新刊の宣伝をあれこれしないといけない時期なのですが、明日から北九州出張です。「障がい者の性」に関する講演をさせて頂く予定です。有意義な時間にできるよう、気合を入れて頑張らせて頂きます!!

福岡空港に着いた後、比較的時間に余裕があるので、福岡市美術館&リブロ天神に立ち寄る予定。お会いする予定の皆様、よろしくお願いいたします。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2637日目】発売日に寝落ち


発売日ということであれこれ仕事をしていたら、寝落ちしてブログを更新できなかった。。。

ともあれ、初速はそれなりに順調っぽいので、一安心です。
Amazon上では、新書業界の界王神=養老先生たちの昆虫本やガンダム本とも互角に戦えているようですし。

まだまだ仕掛けていきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2636日目】『はじめての不倫学』明日発売!

というわけで、いよいよ明日発売です!

新書は「生鮮食品」なので、初速が肝心と言われるのですが、私は常に「古典」=そのジャンルでの議論の叩き台や参照点になり、細く長く売れ続ける銘品を書こうという意識で執筆に取り組んでいるので、それほど初速は意識していないのですが、でもやっぱり「発売即重版」とか、一度でいいからなってみたいですよね〜(煩悩全開)。

「良い本が売れるのではない。売れる本が良い本なのだ」(By見城徹)とまでは言いませんが、商業的にも、社会的なインパクトを目指すNPO的にも、最低限の部数は売らないと話にならないので、頑張ってPRに励みたいと思います。

それでは、ブログの前のよいこのみんな!明日は、お近くの書店で、深雪さん(新書帯の女性)と握手!!

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2635日目】オニヤンマとイトトンボ


本日は、母方の実家の山形に家族で小旅行。温泉に入ってスッキリしてきました〜。

FacebookのTLがお盆の子ども写真だらけなので、あえてカウンターで山形で発見したトンボの写真を。




燃える男のオニヤンマ!トンボの王様にして昆虫少年のロマンですよね。



田園の芸術作品、イトトンボ。種類を同定できる知識は無いッス。山形の一部では「神様」と呼ばれているそうです。確かに神々しいですよね。

あとは15年ぶりくらいに野生のアカハライモリを発見できてビックリ。この地域では絶滅したと思っていたのですが、復活して何よりです。

大自然&温泉の力でリフレッシュできた(はず)なので、明日からの仕事、頑張ります〜。


*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2634日目】お盆休みもポップ描き



お盆休みですが、合間を縫ってひたすらポップ作成。

地元の紀伊国屋書店新潟店様にお送りする予定のポップ@孫子バージョン。捨てられたらどうしよう、と今からドキドキです(笑)。

明日は、母方の実家の山形に行く予定。来週の怒涛の新刊営業&北九州出張に備えて、温泉で骨休めしてきます〜。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2633日目】書評『恋愛氷河期』(勝部元気:扶桑社)

評価:
勝部元気
扶桑社
¥ 1,404
(2015-08-19)



来週発売の勝部元気さんの新刊。著者デビュー、おめでとうございます!

恋愛・結婚・セックスに対する様々な偏見・批判・プレッシャーが凍てつくように強い現代を「恋愛氷河期」を名付け、性愛に悩む女性へのアドバイスを社会的な視座から届ける渾身の一冊です。拙著『男子の貞操』と通底する部分もあり、最初から最後まで大変面白く拝読させて頂きました。

本書の魅力は、とにかくネーミングが上手い!こと。「男性バイパスモデル」「スマート女子とガラパゴス男子」「心のシャッター通り化」「左脳モードと減点法」「自信と自立こそが魔除け」「ハッカー系男子」「肉メガネ男子」などなど、唸らされる名言&名フレーズの宝庫です。

「自由恋愛期間が長いほど、男性は二極化傾向を強める」「上っ面ジャッジをすればするほどハッカー系男子にひっかかる」という分析、「人間関係においては連続性を重視せよ」「恋愛を結婚寄りにして、結婚を恋愛寄りにすべし」という提言には非常に納得しました。

恋愛・結婚・セックスに関して20代〜30代の女性が抱く悩みは、本書の中で提示されている視点やフレームワークによって、その大部分が
理路整然と説明できる&解決のための処方箋を提示できると思います。その意味では、とてつもなく密度の濃い&切れ味の鋭い一冊です。恐るべし!


強いて批判するならば、長所の裏返しなのですが「切れ味が鋭すぎる」点。

今回の本では、勝部さん、フェミニストとして社会学的な立場から語られている部分が多いと思うのですが、フェミニズムも社会学も、極めれば「議論では無敵」になれるんですよね。

社会学者の宮台さんやフェミニストの上野千鶴子さんが、一時期論壇やメディア上での議論で無敵を誇ったのは、才能や地頭の良さだけでなく、依拠している理論枠組みの潜在力と破壊力にあったと思います。社会システム理論やフェミニズム、複雑化した現代社会や
男性中心主義の風潮を批判的に分析する上ではほぼ最強、「何でも切れる刀」のような武器です。

ただ、宮台ブームの90年代末にも問題化されたことですが、「議論では無敵」になることは、必ずしも勝利を意味しない。

宮台さんにコテンパンに論破された皆さんがこぞってアンチやヘイトに回って、さらに質の低い感情的な議論を各所で展開するようになってしまったり、支持者の間でも「宮台さんの言っていることは正しいと思うけど、正しすぎてついていけない」という人が出てきてしまったり。

つまり、「議論に勝って、動機づけに負けた」わけですよね。

『恋愛氷河期』の内容、個人的にも99%同意するのですが、内容が図星過ぎる&切れ味が鋭すぎて、むしろ読み手の女性を逆に追い詰める結果=女性の動機づけに失敗する結果になるのでは、という一抹の懸念はあります。

本書の中でも『F/R比』というフレーズがありましたが、人が恋愛やセックスに求めるのは、「R(リアル)」=耳に痛い真実や無味乾燥な現実よりも、「F(ファンタジー)」=砂糖たっぷりのお菓子のように甘ったるい幻想ですよね。良くも悪くも、ですが。

『恋愛氷河期』、デビュー作にして最終兵器的な完成度の高さになっていると思うので、今後は「仮想敵を批判・論破することで、女性をプレッシャーから解放する」という「リベレイター(解放者)」的な立ち位置に加えて、「女性を動機づけられるようなビジョンを創造して、戦略的に社会に働きかけていく」という「クリエイター」的な立ち位置で論陣を張れると、さらに読者層に深みと広がりが出ると思います。

あれこれ蛇足的なことを書いてしまいましたが、内容は文句なく面白い一冊なので、20代〜30代で恋愛や結婚に悩んでいる方は、男女問わず、ぜひ書店でチェックされてみてください。


*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2632日目】書評:『岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (鶉まどか・コア新書)』



奇をてらったタイトルと帯で完全に損をしている新書ですが、拙著『男子の貞操』と通じる部分も多々あり、非常に面白かったです!

紅一点となってサークル内の男子を意図的に虜にし、内部の人間関係をかき乱してサークルそのものを崩壊に導く「サークルクラッシャー」の立場から、「クラッシャられ」る恋愛童貞の男性たちのリアル、そして自らの業と病を分析した一冊。

恋愛に関わる全ての過程をショートカットしたがる&リスクヘッジとコスパを信奉して徹底的に受け身であり続ける、草食系を超えた「離乳食男子」を批判的に分析しつつ、最後はその矛先が、岡田斗司夫や恋愛工学に走る男性陣、そして
サークルクラッシャーたる自分自身の三者に向けられる、という展開と筆力には唸らされました。

そう、三者共に「相手に深く立ち入って愛する、というハイリスクかつコスパの悪いことはしたくない」んですよね。恋愛や人間関係は、そもそも非常にコスパが悪いものですが、その事実に目をふさいで、美味しいところだけをつまみ食いしようとする。これでは、いつまで経っても、何人の相手と関係をもっても、満たされるはずがない。

これは、ホワイトハンズが関わっている障害者の性や、性風俗の問題とも通底する部分があります。

恋愛に関するあらゆる過程を吹っ飛ばして、異性に出会ってからすぐに「付き合ってください」「結婚してください」とのたまう障害者の方は大勢いますし、性風俗は「関わる男女全員がコスパのみを追い求めた結果、全員のコスパが悪化してしまった世界」ですしね。

これはヴァージン・アカデミアの課題文献にせねば!と思わされた良書でした。

冒頭で出てくる「先生」、新刊『はじめての不倫学』で指摘した、「女性を救うカウンセラー」というセルフイメージをまとって婚外セックス市場に乗り出す中高年男性の、まさに好例ですね。。。

コア新書さん、水嶋かおりんさんの『風俗で働いたら人生変わったwww』など、隠れた名作ぞろいのレーベルで、新書マニアとしては要チェックなのですが、タイトルとオビで「背負わなくてもいい負債を背負ってしまっている感」満載(笑)なので、無理に変化球を狙わないで、直球勝負にされた方がいいのではないでしょうか。

恋愛工学の問題や童貞問題にご興味のある方(特に大学生)は、ぜひ書店でチェックされてみてください。

 

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

【2631日目】『はじめての不倫学』販促ポップ作り3

引き続き、『はじめての不倫学』の販促ポップを作っております。

ポップが欲しい!売り場に置きたい!という書店員の方がおられましたら、いくらでも量産&郵送いたしますので、お気軽にご連絡ください。







*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

<< | 2/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM