【133日目】女性向けプライベート・ケアサービス概要

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
有賀 裕子

7:00 起床&朝食

今日はパンと玉子でした。

8:00 茨城事業展開プラン作成

第壱号・茨城の事業展開プランの骨組みが
ほぼ完成したので、明日アップしますね。
6年計画なので、気長に頑張りたいと思います。

10:00 メールマガジン発行

不定期発行のはずが、最近は週に1回のペースで
出していますね。ネタが多いということ自体は、
良いことなのでしょう。

メールマガジン、ホームページTOPより
いつでも気軽に登録できますので、
よろしければぜひどうぞ(http://www.privatecare.jp/

12:00 昼食

鳥の胸肉のレンジ焼きでした。大根おろしが合いますね。

13:00 女性向けプライベート・ケア概要作成

いよいよ着手です。男性向け以上に
物議を醸しまくる内容だと思うのですが、
勇気を出して?アップします。
ご興味のある方は、詳しく読んでみてください。

*********************

NPOホワイトハンズでは、
女性重度身体障害者・要介護者・神経性難病患者に対する
プライベート・ケアマニュアルの
作成&ケアサービス開始を検討しております。

女性に対するケアの場合でも、
「性に関する尊厳と自立を守る」という
プライベート・ケアの理念、
及び「性機能の健康管理」「性機能の低下予防」といった
目標自体は、全く変わりません。

現時点では、以下のような内容を考えております。

******************************

●介護用手袋を着用したスタッフの手、
もしくは専用介助器具を用いた上での膣液の分泌介助+膣内洗浄。

具体的には、ローションを使用したハンドサービスにより、
膣内及び陰部周辺に刺激を与え、
 「性機能の低下予防」という目的を満たす程度の分量
(分量の目安は検討中)の膣液を分泌させる。
 その後、使い捨てビデによる膣内洗浄と、
清拭による陰部全体の洗浄を行い、ケア終了。

●男性同様、利用者の陰部以外の部位(胸など)への接触は、一切行わない。

●男性同様、利用者がスタッフに対して身体接触を行うことは、禁止事項とする。

●過度の膣内洗浄は、膣内の菌のバランスを崩し雑菌等が入りやすい状況を招くので、利用制限(月2〜3回、多くても隔週1回まで)を設ける。

******************************

まずケアの名称ですが、
「自慰介助」という言葉は(女性に対しては)
イメージが悪すぎると考えたので、
あえて「分泌介助」という聞き慣れない言葉を用いました。

もちろん、「分泌介助」という言葉自体は、
マニュアル内のみの名称であり、
通称は、男女問わず、性機能のケア=「プライベート・ケア」になります。

ケアの目的は、男性同様、単純に性的な快楽を与えることではなく、
利用者に対して、定期的に適切な分量の膣液の分泌を促すことによる
「性機能の低下予防」、それに伴う
「性に関する尊厳と自立の維持」にあります。

また性的な絶頂感の獲得は、「結果」であって「目的」ではありません。
したがって、オーガズムの有無=「性的な絶頂感を得られたかどうか」ではなく、分泌の過多=「適量の膣液が分泌されたかどうか」で、ケアの成否を判断します。

すなわち、性風俗的なオーガズムの追求は、これを一切目的としません。
(ケアの最中に、結果としてオーガズムを迎える分には全く問題ないですが、最初からそれだけを露骨に狙ってケアを行うことはしない、という意味です)

スタッフの性別は、男性同様、利用者に選択してもらう形にします。

ひとまず、「介護」=利用者の生活の質を高める、という範疇でできるのは、ここまで=「分泌介助」が限度だろう、と考えております。

NPOホワイトハンズでは、女性向けの
プライベート・ケアマニュアルの作成、及び
ケアサービスの実施に関して、
皆様から広く意見・提案を募集しております。

女性向けのプライベート・ケアに関するご意見・ご提案は、
下記のお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡くださいませ。

http://www.privatecare.jp/woman.html

*********************

まぁ、前途多難すぎるケアサービスですが、
当面は闇に隠れながら?試行錯誤してみたいと思います。


16:00 ホームページ改良

文面を昨日のリストどおり改良しました。


17:00 業務終了

昨日のリスト、本当に1週間で終わるんでしょうか・・・(笑)。
ヤル気の問題ですからね!ふんばりますモゴモゴ

=====================
【NPOホワイトハンズ】
http://www.whitehands.jp/

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

連絡先はこちらまで⇒m☆privatecare.jp
(迷惑メール予防:☆を@に変換してください)

□全国統括本部:

〒950-2072 新潟県新潟市西区松美台8-69

□TEL:025-230-3703
 電話受付時間:9:00〜17:00
 (土日・祝日除く。非通知不可)
□Mobile:070-6985-7188

【全国プライベート・ケア協議会】

□URL:http://www.privatecare.jp

■2008年10月のNPO法人設立を目指して、
 目下応援者&参加者募集中です!
 ホワイトハンズで働きたい方はこちら
 ⇒(http://www.whitehands.jp/recrute.html

1.新潟県新潟市・上越市
2.茨城県水戸市
3.東京都内〜近郊地域(千葉県・神奈川県・埼玉県)
4.愛知県名古屋市〜近郊地域(三重・岐阜)
5.福井県敦賀市
6.大阪府〜京都市内〜奈良市内
7.兵庫県神戸市内
8.北九州市〜下関市
8.福岡市〜久留米市
9.佐賀県佐賀市にて
ケアスタッフ&利用希望者募集中!

■ホワイトハンズ@Mixiコミュです。ぜひご参加ください!
 ⇒http://mixi.jp/view_community.pl?id=3313135

■メディアからの取材依頼、大歓迎。報道資料はこちら
 ⇒(http://www.privatecare.jp/press.html

=====================

コメント
また、女性へのケア、難しいことに挑戦されましたが、社会に受け入れらることを祈っております。
そして成功されることを願っています。
それにしても、こんなことを考え、事業にする人がいまの日本にいることが驚きです。ぜひ、成功させてほしい。
私のところもさまざまな支援をお願いする際に相手からは特定事業所加算をとってからなら話を聞くといわれています。悔しい思いと挑戦し続ける熱意とがないまぜになっています。
さぁ、夏を実りあるものとしよう。
プライベートケアの利用者が、男性限定ということで、じゃあ女性はどうなの?
と、思ってはいましたが、こんなに早く、女性も対象にするとは…
読んで軽く目まいがしました。
今までにない、台風のような逆風やバッシングにも負けずに、女性のケア確立のため、頑張ってください。
女性の立場からの意見をお聞きになりたい時は、応援団がなんなりとお答え致します。

  • ドーリー
  • 2008/08/12 3:38 PM
>syounosukeさん

コメントありがとうございます!

女性向けに関しては、おおっぴらに宣伝したりはせず、
特定少数の利用希望者の方のみを対象にして、
ケアの質をじわじわと上げて行きたいと考えております。

またやはり「こちらから頭を下げてお願いする」となると、
どうしても相手に足元を見られたり、軽く扱われたり
してしまうと思うので、私はあくまで、向こうから頭を下げてくるような仕組みを作る「(戦略的)殿様営業」で行きたいですね。


>ドーリーさん

ご激励、ありがとうございます!

思うに、バッシングって、喰らう側にも
問題はあると思うんですよね。

一昔前のラ○ブドアみたいに、
あえて世間に物議を醸すような行為を連発して
知名度を上げる、というのも一つの方法かも
しれませんが、後日、間違いなく
強烈な反動&副作用に
見舞われるんじゃないかな〜、と。

そういう意味で、ホワイトハンズは草葉の陰に隠れつつ
営業して行きたいなぁ、と思っております。

またご意見を拝聴させて頂く事もあるかと
思いますが、その際は何卒宜しくお願いいたしますm(__)m
  • ホワイトハンズ代表
  • 2008/08/12 11:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM