【2829日目】書評『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』(中村淳彦:ナックルズ選書)


風俗関連書籍の書き手の中でただ一人抜きんでた生産性を誇る中村淳彦さんの新刊、女子大生の次は熟女です。

熟女店&地雷店と連携して風テラスを運営している立場として、大変興味深く拝読させて頂きました。

拙著『性風俗のいびつな現場』でも取り上げましたが、熟女風俗の世界、現代社会の様々な問題が凝縮して現れる場所だと思います。本書でも繰り返し指摘されている通り、「普通のおばさん」が普通に暮らせなくなったのが、今の社会だと。数万円の生活費のために身体を売ることを選択する中高年女性は本当に多いと思います。

「売春による再分配」が機能しなくなった先には、文字通り絶望しかない。

生活に困窮している人に対しては、「困難の複合化」という言葉が使われます。障がい・病気・借金・家庭問題などなど、複数の困難が重なり合うことで、問題解決がさらに難しくなってしまうことを指します。

自殺防止活動を行っているNPOの本で読んだのですが、この困難が4つ以上重なると、「自殺」という選択肢が出てくる。

確かに、治らない障がいや病気、返せない借金、壊れた家庭、先の見えない経済苦などが4つ以上重なれば、誰でも死を考えることはあるはず。

本書第一章でも、友人・知人が次々に自殺した女性が出てきますが、風俗の世界で働く中高年女性の支援に関しては、生活困窮者支援とかいう生易しい言葉ではなく、自殺予防という観点から取り組むことも必要なのでは、と感じました。風テラスのメンバーで共有したいと思います。

本書の後半はほとんどホラーの世界になってきますが、確かに池袋北口、何かがいそうな雰囲気はありますよね。私も風テラスで毎月通っていますが、ちょっと怖くなってきました(笑)。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
HP:http://www.whitehands.jp/
Twitter:http://www.twitter.com/whitehands_jp
Facebook:http://www.facebook.com/whitehands.jp
 
新刊『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書)、1月6日発売!

★ホワイトハンズ:2016年のイベント予定
 
■1月24日(日) 講演会「障害のある人の生と性のバリアフリー」@町田市民フォーラム

■3月13日(日) セックスワーク・サミット2016春@渋谷

■3月27日(日) ららあーと@東京

■4月24日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@福岡

■4月24日(日) 福岡で解く!ニッポンの「夫婦の性」のジレンマ2016

■5月29日(日) 風俗福祉基礎研修2016@渋谷

■6月19日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@渋谷

■7月17日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@京都

■8月28日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@名古屋

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM