【2641日目】書店の外で戦う


新刊の出版後は本書「読書進化論」と「重版出来!」を読み返したくなります。「どうすれば売れるのか?」は試行錯誤の果てにしか見いだせないのでしょうね。

『はじめての不倫学』、刊行後初の土日&そろそろ全国に配本が行き届いたころであろうと思うので、この時期にそれなりに売れてほしいなぁ〜、と願っております。

光文社新書レース、結局ふたを開けてみれば、予想通り昆虫の独走&一人勝ちっぽいですね。。。このまま不倫とガンダムと成毛さんで三つ巴の脇役争い、みたいな展開になってしまうのでしょうか。否!否である!!とギレン総帥ばりに叫びたい今日この頃です。

福岡出張の際に大型書店を回って改めて思ったのは、「書店で戦う」のは果てしない消耗戦ではということ。毎年数万点も新刊が出るわけですから、いくらタイトルやオビを工夫しても、数十万冊の本の中から、お客さんが書店の売り場で初めて出会った本をその場で買う、という行動にはなかなか出にくいかと。

理想を言えば、お客さんが書店に来た時点で勝負が決まっていないとマズいのでしょうね。その意味では、書店以外でのPRを頑張りたいところです。

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『はじめての不倫学』(光文社新書)、8月18日発売!

★ホワイトハンズ:2015年のイベント予定

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM