【2344日目】ヴァージン・アカデミア@明治大学!



本日は、明治大学駿河台キャンパスにて、「ヴァージン・アカデミア@明治大学」の講義を行わせて頂きました。

昨年に引き続き、2回目の開催です。




大学時代の初体験の問題を、「個人の問題」ではなく「社会の問題」として考えた上で、望まないヴァージンで悩んでいる方に卒業のための知識と情報、スキルをお伝えするという内容の講義です。



大学の普段の講義ではまずレクチャーされないテーマで、なかなか刺激的な話も多かったかと思いますが、初体験の問題を社会的な視点から考えるきっかけになれば幸いです!



私の講義に引き続き、オーストリアからの留学生で、明大の大学院に在籍中のアリスさんが、オーストリアの性教育・性意識について発表を行いました。

オーストリア、性教育の欠如やセックスレス問題、セクハラなどに悩んでいる日本から見ると、完全に異次元の世界です。

日本において「性教育のために、こういう機会や制度があったらいいな」と考えられているものがほとんど存在・実行されており、老いも若きも自らの性体験をオープンに語り、メディアではカップル間での性をいかに充実させるかという言説や表象があふれ返っている。セックスレスなどという言葉自体が、そもそも存在しない。すごいぞオーストリア。




こんな感じの(日本人から見れば)どぎつい雑誌を、十代の男女が普通に読んでいるそうです。何だ「SEX-PARTY!」って。

ヴァージン・アカデミアの講義内容が中学生レベルに思えてしまうインパクトです。

ただ、オープンであるがゆえの問題、カップル間の性が強調されることの副作用もあるのかなと思いました。




約90分という短い時間でしたが、ご清聴くださった明大生の皆様、アリスさん、平山先生、ありがとうございました!

***********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売!

★ホワイトハンズ:2014〜2015年のイベント予定

 
11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

11月30日(日) セックスワーク・サミット2014@大阪

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM