【2044日目】早稲田祭Democracy Lab. Vol.1「障害者×性」



本日は、早稲田祭Democracy Lab. Vol.1「障害者×性」へのゲスト出演で、早稲田に参上しました。

早稲田祭のキャンパス、ほとんどディズニーランド状態で、大混雑でした。十数万人の来場者数だそうです。早稲田の力、恐るべし・・・。



カッコいいポスターも作って頂きました!



そして、イベントの資料。この完成度&充実度が素晴らしかったです。



ホワイトハンズの活動内容から、「障害者の性」問題の論点・用語集まで、私の言いたかったことを、もれなく代弁して頂いた感じ。
涙腺がゆるみそうになりました〜(涙)ユーモアたっぷりの編集後記にも、笑わせて頂きました。



戸田監督との対談。「障害者の性」問題に、色々なスタンスで関わることが大切、という点に共感。

今回の映画「暗闇から手をのばせ」は、その意味で、「障害者の性」問題の入門編である、と。

個々のスタンスの良し悪しや優劣を競うのではなく、それぞれができる範囲、できる期間、できる方法で関わっていけばいいんですよね。

これは、全てのNPO活動、社会問題の解決に言えることだと思います!



私も、熱弁を振るわせて頂きました。



今回のイベントでは、様々な分野&立場の方が参加して下さりました。大学時代の後輩の方も来て下さり、嬉しかったです!
きちんと挨拶ができず、申し訳ございませんでした。。。




対談後は、各グループでディスカッション&熟議。私も、各テーブルを回って、議論に参戦いたしました。



同性介助と異性介助の問題、射精中心主義の問題、介助と感情の問題などに関する意見・質問を数多く頂きました。



各テーブルで、議論の応酬&質問の連打で、サンドバック状態の坂爪。頑張れ私!笑



熟議も盛り上がりまして、盛況のうちに終了いたしました。

今回のイベントが、「障害者の性」問題をはじめ、様々な社会問題をみんなで「熟議」するきっかけになれば、嬉しいですね。

戸田監督、最初から最後までお気遣いくださったゼミ生の皆様、齋藤先生、そして参加者の皆様、ありがとうございました!


**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
★ホワイトハンズ:これからのイベント予定
 

いずれも、定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください!

コメント
つめっちお疲れ様でした(*^^*)
今回は映画「暗闇からてをのばせ」
の上映会を経ての熟論という事で
リアル障害者デリヘルがいた方がよいかと思い参加しました

やはり学生は情熱的で
話してて楽しいね
未來が楽しみだよ(^o^;)
いや〜、さすが早稲田、熱かったですね〜。おかげさまで充実した議論の場になったと思います!
  • ホワイトハンズ代表
  • 2013/11/03 5:32 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM