【1554日目】性産業の「スマホ」化


今年の元日に放送され、「一夜にして伝説となった」そうな番組。リアルタイムでは思いっきり見逃したので、遅ればせながら、書籍でチェック。

書籍を読む感じでは、割と固定メンバーが延々とお話しされているような感じですが、NPO&社会起業関係者としては、やはり駒崎さんの発言が痛快ですね。もっとガンガン言っちゃってください!

荻上さんがおっしゃっていた「ガラケー」と「スマホ」の比喩、性産業にも当てはまると思います。

ホワイトハンズ、要するに、性産業の世界を「スマホ」の世界にしたいわけですよ。

誰にでも利用しやすく(普遍性)、誰でも「アプリ」の開発に参画できるプラットフォームがあって(社会性&公共性)、個々人のライフスタイルにあった、柔軟かつスマートな使い方ができる世界。

今の性産業は、思いっきり「ガラパゴス」炸裂な状態=大多数の人にとって極めて利用しにくく、裏社会の人しか参入できなさそうなイメージで、社会性や公共性は欠片も無く、AVやデリヘルのように、パッケージ化されたお仕着せのサービス・製品しかない、という状態かと。


あと、個人的に、澁谷知美さんのあとがきが、(澁谷さんの著作の大ファン、ということもあって)非常にガッカリでした(笑)。「ジェンダー非対称性」が云々、なんてベタなこと、わざわざ書かないで下さいよ〜、と。

「対象のジェンダー非対称性を指摘することに意味がある」「対象の偏差や作為(ジェンダーバイアス等)を指摘することに意味がある」という旨の発言、第一線の研究者や学者の人には、あまり口走ってほしくないんですよね。

私も、学会等で発表すると、必ずこの手の批判(というか、「揚げ足取り」と言わせてもらいましょう)を受けるのですが、正直、「大学院を出て、その程度の揚げ足取りしかできないんスか?」という超暴言(笑)が脳内でリフレインしますし。

新書でも書いた通り、これは典型的な「外在的批判」です。「外在的批判」は、時と場合によってはもちろん有効ですが、少なくとも、この番組のような場所でやっても、逆効果でしょう。


今回の新書の中で、上野ゼミのことをあれこれ書いていますが、(お手元に新書をお持ちの方はぜひ読み返して頂きたいのですが)肝心のゼミ本体=フェミニズムの話やジェンダー理論の話は、一切書いていないんですよね。

書いたのは、全て、社会学の基本的思考枠組みの話とか、「先行研究を徹底的に調べよ」といった、論文執筆の基本のような、形式的な話ばかりです。

つまり、ゼミでは、学問の「中身」を学んだというよりは、学問をする上での「姿勢」を学んだ、ということです。言い換えれば、ジュディス・バトラーのエイジェンシー理論やら言説分析やらといった小難しい「中身」は、全部忘れた、と(笑)。

言い訳をすれば、凡百のジェンダー研究者の主張=「対象のジェンダー非対称性を指摘することに意味がある」「対象の偏差や作為(ジェンダーバイアス等)を指摘することに意味がある」といった主張自体に、あまり意味があるとは思えなかった、という点があります。

んなこと、「チーズバーガーには、チーズが入っていることが分かった」と同じレベルのトートロージーじゃん、ジェンダーバイアスやら非対称性やらは、何をどうしたって消しようがないんだから、そういった非対称性や作為や偏差や政治性を踏まえた上で&最小限に食い止めた上で、「ベスト」(最善)ではないが「ベター」(次善)な制度なりサービスなりを作っていくために必要な条件を個別具体的に議論&現場で実践する方が圧倒的に大事でしょう、と。「この制度はベスト(最善)ではないからダメ」「救われないマイノリティが出るからダメ」という(悪い意味での)完璧主義的な主張を、アカデミズムという安全圏から(代替案を全く出さずに)繰り返すことには、主張者の自己満足以外の効用はないっしょ、と。

・・・というようなことをダラダラと考えておりました。

この辺のことは、新書内でも書きたかったのですが、書いてもつまらない&売れない(笑)ので、どこかのお堅いインタビューでお話しできればなぁ、と妄想しております。

ともあれ、若い世代の皆さんが頑張っておられるのは、良い刺激になりますね!

ホワイトハンズも、いつの日にかNHKで特集を組んで頂けるよう、頑張ります〜。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/07/02 6:18 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/07/11 5:58 PM

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM