【1919日目】惚れたぜ関学!「TEDxKG」当日の開催風景


「TEDxKG」当日です。天気はそれなりに快晴。

詳しいタイムスケジュール、各登壇者の講演の動画等は、「TEDxKG」のFacebookページをご覧ください。


13時前、続々と会場にオーディエンスの方々が集結。


ポスターのデザイン、スタッフの皆様のユニフォームも、クールかつ統一感があって、カッコよかったです。関東の某国立大には無い?洗練さを感じました。


パンフレットのデザインもクールであります。


私のカラーは、ホワイトハンズのロゴを考慮してくださったのか、「ブルー」でした。


会場のチャペル内部はこんな感じ。


プレゼンに挑む前に、記念撮影。


プレゼン自体は、スタッフ&オーディエンスの皆様の温かいご支援もあって、無事に終了いたしました。ありがとうございました。


終了後、スタッフの方にキャンパスツアーをして頂きました。お忙しい中、ありがとうございました。



中央芝生で記念撮影。関西学院、地上の楽園のような、美しいキャンパスでした。名門私大の伝統と文化の底力を感じさせられた2日間でしたね〜。


終了後のアフターパーティーでも、多くの方々とお話ができて嬉しかったです。

今回の「TEDxKG」、スタッフの方々のホスピタリティに圧倒された2日間でした。私自身、TEDxのスピーカーとして、貴重な経験をさせて頂きました。お招きいただき、本当にありがとうございました。惚れたぜ関学!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」     

【1918日目】TEDxKGリハーサル


本日は、6月30日(日)の「TEDxKG」のリハーサルのために、西宮の関西学院大学へ。

西宮、熱かったですね〜。


会場内は、スタッフの皆様が、明日の準備でバタバタ活動されておりました。

リハーサル、なんだかんだでスライドのエラーがあったので、やって良かったですね。


TEDっぽいオブジェも。


学園祭のような風景ですね〜。


こちらが会場の高中部礼拝堂。綺麗な建物でした。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」     

【1917日目】6月30日は「TED×KG」@関西学院大学!


6月30日(日)の「TED×KG」@関西学院大学、参加予定の方は、予習として、こちらのドキュメンタリー番組「障がい者の性」(18分間)をご覧になってください。ホワイトハンズのケアサービスの現場、スタッフ&利用者の声がよく分かる動画です。

公開から1か月で、めでたく再生回数100万回突破ですね。ご覧くださった皆様、ありがとうございました〜。

「TED×KG」、こちらのページより、生中継の動画がご覧頂けるそうです(30日の13時〜17時30分)。Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひチェックされてみてください。

それでは、ブログ&Facebookの前のよいこの関学生のみんな!30日は、高中等部礼拝堂で、ホワイトハンズと握手!!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」    

【1916日目】Facebook広報の死角

評価:
Array
EMI MUSIC JAPAN INC.
¥ 250
(2012-11-17)


今更ですが購入。映画の思い出がよみがえりますね。

さて、TED×KGまで、あと2日、ということで、目下あれこれ準備に精を出しております。

改めて本家の動画を見て研究しているのですが、面白いですね〜。よくも悪くも、アメリカ臭い世界ですね。

ホワイトハンズとしては、新しい「性の公共」1本で、グイグイ押していきたいと思います。

当日の講演、Ustremではなく、Livestreamで見られるようです。

詳しくはこちら ⇒ TED×KGイベント生中継

「世界同時中継」、確かに素晴らしいですが、Facebookアカウントが無いと見られないようですね。

日本でFacebookをやっている人の8割は東京都民、という話も聞きますので、事実上、東京都民しか見られないんじゃないの、という野暮なツッコミはさておき、地方の人って、Facebook、ほとんどまともにやっていないんですよ。新潟でも、家族や友人を含め、私の周りは、ほとんど誰もやっていないし(笑)。

今回のTED×KG自体が、Facebook中心に広報活動をしているイベントのようなのですが、裏を返せば、「Facebookをやっていない大多数の人には全く届かない」イベントになるリスクもあるかと思います。

ソーシャルメディアは、あくまで広報ツールの一つにすぎないので、それ自体に過度に依存せず、オンラインとオフラインの広報を合わせてPRしていくのがベストなのかな、と思いました。

というわけで、引き続き、準備に精を出したいと思います!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」   

【1915日目】叔父さんデビュー

評価:
P.F.ドラッカー,上田 惇生
ダイヤモンド社
¥ 2,940
(2005-12-02)


ブックオフの500円均一セールでGET!これは掘り出し物ですよ〜。

昨日に引き続き、30日(日)の「TED×KG」の紹介記事を書こうと思ったのですが、「投稿禁止ワードが含まれています」という初見かつ謎のエラーが連発して、一向にアップできなかったので、やめます。露と消えてしまった私の仕事時間を返してください(笑)。

ででで、昨日姉が無事に男の子を出産したので、今晩お見舞いに行く予定です。いよいよ私も叔父さんデビューですね〜。頑張った姉を労いつつ、お祝いをしたいと思います。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」  

【1914日目】TED×KGの解説「これがTEDだ!」


先日の出張のBGM。林檎さんはエヴァーグリーンであります。

6月30日(日)に、関西学院大学で開催される「TED×KG」に、スピーカーとして参加いたします。

TED、前々から興味があったので、スピーカーとして参加できるのは、大変光栄です。「障害者の性」問題及びその社会的背景・解決方法を、世間に広く知らしめる良い機会になるので、気合を入れてプレゼンしたいと思います!

で、「TED×KG」のホームページを色々な方に紹介したのですが、「何のイベントなのか、さっぱり分かりません」「そもそも、いつ、どこで、誰が、何をやるイベントなの?」という、身もフタも無い辛辣なご意見(笑)を数多く頂きました。

確かに、ホームページを見るだけでは、情報が無さすぎて、誰が主催なのか、何のイベントなのかすら、ほとんど分からないですね。。。「KG」という略称も、関学関係者以外には、まず通じないような気がしますし。東大を「UT」と呼ぶようなものかと。

というわけで、不遜ながら、私が知っている範囲で、代わりに「TED×KG」の内容をブログで解説いたします!


●そもそも、「TED」とは?(Wikipediaより引用)

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカで年一回、大規模な世界的講演会を主催しているグループのことを指します。

学術・エンターテイメント・デザインなど、様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なうことが特徴です。

2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになりました。

講演者には非常に著名な人物も多く、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっています。

日本人では、茂木健一郎さんや、飯田哲也さんなどが講演をしています。

TEDのプレゼンにおける最重要事項は、「Ideas Worth Spreading」=世の中に広める価値のあるアイディアです。TEDでは、世間では無名な人物も数多く選ばれ、プレゼンテーションを行っています。


●「TED×KG」とは?

TEDとKG=関西学院大学の共催イベント、すなわち、関西学院大学で、TEDのプレゼンを行う、という意味です。


●スピーカーは?

私=ホワイトハンズの坂爪以外にも、魅力的なゲストの方々が、スピーカーとしてプレゼンをして下さる予定です。詳しくは、スピーカー紹介のページをご覧ください。


●何を話すの?

私・坂爪は、「障害者の性」問題と、新しい「性の公共」について、約18分間、プレゼンをさせて頂く予定です。


●講演の生放送について

スピーカーの講演は、全国に、Ustreamを通じて生放送される予定です。


●開催日・時間・会場

 2013年6月30日(日)13時〜18時

 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス 高中部礼拝堂

(〒662-8501 兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155)

既に会場での観覧者=オーディエンスの募集は締め切っているそうですので、「観たい!」「聞きたい!」という方は、Ustreamでご覧ください。

私の出番が何時ごろになるのかは、まだ未定なので、当日までに分かりましたら、ブログで告知いたしますね。


●まとめ

要するに、「6月30日(日)、13時から、私・坂爪の講演@関西学院大学を、Ustreamで生中継するので、『障害者の性』問題及びホワイトハンズ、そして、TEDにご興味のある方は、ぜひ観てください!」ということです。宜しくお願いいたします。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」 

【1913日目】「フェミフェミの実」能力者の倒し方

評価:
谷川 功
文芸社
¥ 1,365
(2013-06-01)


【献本御礼】著者の方から、ホワイトハンズ事務局に献本して頂きました。ありがとうございました。

献本、いつでも大歓迎ですので、新刊を出された著者&編集者の方は、新潟市の事務局あてに、お気軽にお送り頂けると幸いです。拝読して、内容が興味深ければ、ブログで紹介&書評を書かせて頂きます。


先週土曜日、学会にて色々な方々のお話を聞かせて頂き、とても勉強になったので、備忘録的に、まとめておきたいと思います。

個人的に、久しぶりに上野さんのお話を拝聴して思ったのが、学問って、ワンピースの世界で強引に例えると、「自然(ロギア)系の悪魔の実」のようなものだと思います。

社会学でも経済学でも心理学でも、特定の分野の学問を極めれば、分析や論争などでは、ほぼ「無敵」=どんな物理攻撃(反論や批判)に対しても、一切ダメージを受けなかったり、上手に受け流したり、逆手にとって相手を叩き潰したりできるようになれる。

ただ、「自然系」は、極めるまでが難しい。

一口かじっただけで「無敵」になれるような錯覚に、陥りがちなんですよね。

事実、学問をほんの一口かじっただけなのに、自分が「無敵」だと勘違いして、痛々しい言動や振る舞いをしてしまう人が、世の中には溢れているかと。

ワンピースの中で、「己の能力を過信する自然系能力者は、早死にする」という名言がありましたが、せっかく学問=自然系の悪魔の実を食べても、それを活かしきれずに、斜に構えてカッコつけるだけの道具に使ったり、安全圏から他人をこき下ろすだけの道具としてしか利用できない、というケースも、多々あると思います。

その意味で、フェミニズム=「フェミフェミの実」をかじった人は、世の中に星の数ほどいると思うのですが、その実が本来持っているポテンシャルを最大限まで活用できている人は、今回の上野さんをはじめ、ほんの一握りの人しかいないかと。

で、上野さんの場合、自然系を極めた能力者の上に、覇王色の覇気使い(笑)なので、個人的なイメージとしては、「新世界に君臨する四皇」みたいな存在なんですよね。

新世界で生きていくためには、「四皇の支配下に入る」か「逆らって殺される」かの2択しかないわけですが、私としては、「11人の超新星(スーパー・ルーキー)」の1人になって、どうにかして、四皇を倒す裏技を見つけたい、と考えております。

結論を言えば、学問の最大の長所にして短所は「価値判断をしない(できない)」ところなので、その点を「自然系の弱点」としてうまく攻撃しつつ、自らも覇気使いになって戦う、という戦法が、ほぼ唯一の勝機になりえるかと。

つまり、自然系(学問)を極めた能力者に対して、同じ自然系で挑んでもまず勝てない、よくて引き分けなので、視点を変えて、あえて超人系(NPOやビジネス)や動物系(文化・芸術)の能力を極めて、覇気をまといつつ死角を突く、ということができればベストなのではないでしょうか。

というわけで、自称・他称を問わず、我こそはスーパー・ルーキーだと考えている皆様、新世界で生き延びられるよう、一緒に頑張りましょう!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」         

【1912日目】ホワイトハンズ大学@新潟!


昨日の東京・池袋での学会発表に引き続き、本日は地元・新潟市中央区にて、ワークショップ「ホワイトハンズ大学@新潟」を開催いたしました。


主催の女性財団の方々が、事前に会場案内ポスターも用意してくださりました。ありがとうございます!


日曜日の午前10時から、というスケジュールにも関わらず、市内〜市外より、10名の方が参加して下さりました。なかには、わざわざ東京からお越しくださった方も。遠路遥々、感謝いたします!


今回は、「障害者の恋愛」「介護現場でのセクハラ」「知的障害児者の性」「障害者と夜の世界」の4つの事例を扱いました。


ペア同士でディスカッション。皆様、初対面にもかかわらず、活発な意見交換が行われました。


20代から60代まで、幅広い年代の方が参加してくださったこともあり、各事例に対して、様々な視点から意見・感想が出されました。


最後の事例は、グループで議論。現場で働いておられる方から、実体験に即した意見が出されることも。


2時間という短い時間でしたが、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!フェイスティバル主催の女性財団の関係者の皆様にも、感謝申し上げます。

終了後、参加者の方と、1階のロビーで長話。お話をお伺いできて、私も大変勉強になりました。

新潟市、今後も定期的にワークショップ、開催していきたいと思います。全国各地での出張も大切ですが、地元での活動も、改めてきちんとやっていかなければ、と考えさせられました。


2日間連続のハードな発表&イベントでしたが、おかげさまで無事に終了し、ほっと一安心しております。持つべきものは、体力と根性、そして、支えてくれる家族ですね!

この2日間、息子の育児を家族に丸投げしてしまったので(大汗)、明日は一日育児に専念したいと思います〜。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」           

【1911日目】日本「性とこころ」関連問題学会・メインシンポジウムに登壇


本日は、日本「性とこころ」関連問題学会のメインシンポジウムに、シンポジニストとして登壇いたしました。


斉藤環さん&上野千鶴子さんと同じ舞台でお話をさせて頂ける、というだけで、恐れ多くも大変光栄であります!私のような若輩者をお招きくださり、ありがとうございました。


私=ホワイトハンズのテーマは、「新しい性の公共をつくる」です。

「障害者の性」問題の解決に取り組むホワイトハンズの活動紹介や創業動機、ケアデータや苦労話を織り交ぜながら、新しい「性の公共」の在り方について、20分間、お話をさせて頂きました。


会場は、実行委員会の皆様&豪華ゲスト(私以外)のお力もあって、満員御礼です。プレゼンにも気合が入りました。自己紹介では、1歳の息子も登場(笑)。


「射精介助」という言葉を聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?と問いを投げかけました。


ケアの対象・内容・目的・スタイルと、順を追って解説。


男性の射精を、「処理の対象」ではなく、「ケアの対象」として考えるべき、という視点を提示いたしました。


後半では、新しい「性の公共」の理念とビジョンを解説。

最後までご清聴頂き、ありがとうございました!

終了後、会場からも、多くの質問やご意見を頂きました。

他の登壇者の方々も、非常に熱い&濃い発表の数々で、一参加者としても大変勉強になりました。ディスカッションの場では、一人でマイクを占有してしゃべり過ぎてしまい、失礼いたしました。。。

公開講座の上野千鶴子さんのお話も、久しぶりに切れ味の鋭い&笑いの絶えない上野節を堪能できて、大満足でした。私自身も、上野研究室という名の「保健室」に通っていた当事者だったので(笑)、リアリティを持って拝聴できました。

終了後の懇親会でも、多くの方々とお話しができて、楽しかったです!素晴らしい余興の数々にも圧倒されました〜。

学会参加者の皆様、シンポジニストの皆様、実行委員会の皆様、丸一日、最後まで本当にありがとうございました。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」          

【1910日目】明日は、日本「性とこころ」関連問題学会に出席します

評価:
Array
Colourful Records
¥ 250
(2013-05-22)


今作は今一つかな・・・。家入さんが「サブリナ」を超える名曲を生み出す日を待ちたいと思います。

明日は、いよいよ、日本「性とこころ」関連問題学会ですね!発表の準備をしていたところ、いきなりプリンタが突然死してしまい、ヤマダ電機に買いに行く羽目に・・・。

メインシンポジウムの発表では、ホワイトハンズの「障害者の性」問題解決への取り組みを通して、新しい「性の公共」の話につなげるような形で、論を進めていく予定です。

上野先生、果たして講演の前後にお会いする時間があるかどうかわからないのですが、もしお会いできるのであれば、発表の感想&昨年出した新書の感想をお聞きしたいところであります。「読んでない」と言われるかもしれませんが(笑)。あとは、最近のゼミ出身者の活躍について、どう思われているのかもお聞きしたいところですね。

私は、朝一番の新幹線で池袋入りしまして、朝9時ごろから会場内をウロウロしている予定なので、会場内で見かけたら、お気軽に話しかけて頂けると幸いです。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」         

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM