【1797日目】はぐれメタルに「魔法」は効かない


図書館でレンタル。2006年の「Sweet Revolution」が最高ッス。懐かしいなぁ・・・。

昨年、「障害者の性」卒論取材協力をさせて頂いた学生の方から、卒業論文の完成版を送って頂いたので、許可を頂いた上で、ホームページに掲載いたしました。「女性障害者の性」の焦点を当てた論文です。


まさに卒業論文のお手本のような、しっかりした論理構成に仕上がっていると思います!来年度、このテーマで卒業論文を書こう、と思われている方は、ぜひ参考になされてみてください。

論文の中で、ホワイトハンズのことも(批判的に)取り上げて頂き、感謝いたします!

論文、批判的に書いてナンボな世界だと思いますし、論文の中でほめられても特に嬉しくない(笑)ので、ガンガン叩いて頂ければ、と。

今回の論文では、「既存のロマンティック・ラブ・イデオロギーを強化する」という視点から、射精介助への批判がなされていますが、なかなか、いい線行っていると思いますよ。いや、偉そうな発言ですみません(汗)。

あえて反論するならば、「ロマンティック・ラブ・イデオロギーを強化しているからダメ」という批判の論理、ぶっちゃけ、どこにでも&何に対しても、使えるんですよね。まぁ、「何でも切れる魔法の包丁」みたいなもんです。

ジェンダー理論、フェミニズム系の思想って、基本的にそうですよね。物事を批判する思考枠組みとしては、ほぼ最強の「魔法」だと思います。

私も、イベントや学会で、しょっちゅう、この手の「魔法」を唱えてくる女性に絡まれますしね(笑)。

ただ、これらは、「何でも切れる」だけであって、それだけでは、料理は作れないんですよ。切った後に、煮たり、焼いたり、盛り付けたりしないと、料理にならない。

射精介助に関して言えば、確かに「既存のロマンティック・ラブ・イデオロギーを強化している」という側面が、観念的に見ればあるかもしれませんが、そんな抽象的なことよりも、「全国に数えきれないほどいる、数年、数十年、場合によっては一生、射精をできない重度身体障害者の人たち」の役に立つことの方が、圧倒的に大事で、社会的な意義のあることでしょう。

そもそも、私自身が、この「魔法」を、大学でどっぷり2年間やった人間なので、ある意味では、この手の批判が来るのは、完全に織り込み済みでやっています。

つまり、ホワイトハンズに、「魔法」は効きません。ドラクエ風に言うと、魔法の効かないはぐれメタルみたいなものです(笑)。

「既存のロマンティック・ラブ・イデオロギーを強化している」というのは、端的に優先順位の問題で、「確かにそうかもしれないけれども、そんなこともより大切なこと、やらなければならないことが、山ほどありますよね」というだけの話です。

先日の風俗フォーラムの記事でも書きましたが、学問の理論や思考枠組みは、それ自体を使うことが目的ではなく、それを使って、いかに社会的な成果を出せるか、人の役に立てるのか、ということにあると思います。

そういう意味で、学生の皆さんには、ぜひ、大学時代に覚えた「魔法」を、社会に出てから、生産的な方向に、ビシバシ使って頂きたいですね。

というわけで、来年度も、「障害者の性」というテーマで卒論を書きたいと考えている、全国の大学生の皆様に、協力させて頂きたい、と思いますので、ご希望の方は、お気軽にお申し込みください。宜しくお願いいたします。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」        

【1796日目】「性護ケーススタディ」執筆おおむね完了

ざっと流し読み。ベンチャーは、日々失敗の連続ですよね。

本日は、1日「性護ケーススタディ48」の執筆。ようやく、全体が完成しました〜。ケーススタディの数、48個じゃ足りないですね・・・。将来的には、100まで増やしたいと思います。来月16日(土)のホワイトハンズ大学@渋谷でのお披露目、楽しみであります!

また、3月3日(日)開催予定の、バリアフリーのヌードデッサン会「ららあーと」、定員残り5名様になりました。参加希望の方は、お早めにお申し込みください!今回も、10代の方から、60代の方まで、幅広い世代の方にご参加頂く予定です。みんなで、和気あいあいとデッサンを楽しみましょう〜。前回の開催風景は、こちらです。

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1795日目】月刊新潟こまち掲載!


昨日発売の「月刊新潟こまち」に、3月23日(土)に中央区のユニゾンプラザで開催予定の「妊活しゃべり場!」の告知記事を掲載して頂きました。ありがとうございました!

新潟で5年近くやっていますが、こまちさんに掲載して頂いたのは、今回が初めてですね。

新潟県民の皆様、ぜひ、お近くのコンビニや書店で、チェックされてみてください。「街ネタNEWS!」の150頁です!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1794日目】障害者の性を描いた映画「暗闇から手をのばせ」


衒学的な横文字だらけ&基本的には洋書の要約的内容で、若干辟易しましたが、メディア化が大切、という点には激しく同意。ホワイトハンズでも、年内に、新しいメディアを立ち上げる予定です。

本日は、「性護ケーススタディ48」の執筆作業+事務雑務。

ニュースで、「障害者の性」をテーマにした映画の話が載っていましたね。


おおっ、津田寛治さんに、ホーキング青山さんも出てる! ⇒予告編

数年おきに、この手の映画、出てきますよね。

ちょっと前にも、「ロストパラダイス・イン・トーキョー」という、知的障害者とデリヘル嬢の関係を描いた映画、ありましたしね。ホワイトハンズ事務局にも、サンプルを送って頂いた記憶が。

ドキュメンタリー制作者やテレビ番組の制作会社の方々、「障害者の性」というテーマ、本当にお好きですよね(笑)。

NPOの立場から言えば、「障害者の性」というテーマが、延々とドキュメンタリーや映画のネタになり続けるような状況、「これまでタブーとされてきた『障害者の性』を〜」云々、というお決まりの枕詞が、ここ何十年も、同じく延々と使われ続けている状況、というのは、端的に我々NPOの力不足の表れでしかないので、素直に反省したところであります・・・。

ともあれ、この映画、ぜひ観てみたいですね。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」      

【1793日目】嗚呼中学時代


サイバラさんとの対談が面白いですね。

本日は、弟主催の料理教室に、中学時代の同級生が参加するという情報を聞いて、終盤だけちょろっとお邪魔して参りました。

20代の若い男女の皆様が集まるイベントだったのですが、「新書、読みました!」という有難いお言葉を、多くの方からかけて頂きました(多謝)。光栄です〜。

中学時代の同級生とも、16年ぶり?に再会できて、嬉しかったッス!!同窓会、やりましょう!!

中学時代、私はド真面目な優等生タイプで、学級委員長とか生徒会の委員とかを歴任していたのですが、何を、どこで、どう間違って、今のような尋常ならざる姿(笑)になってしまったのでしょうか。人生、分からないもんですね〜。

中学卒業から約16年、クラスの皆さんも、きっと色々なことがあったと思うんですよね。ある意味で、同窓会に来れるのは、幸せな人だけ、順風満帆な人だけ、という見方もできますよね。まぁ、私なんぞは、その時の立場がどうであろうが、恥も外聞も無く、出席してましたが。

夏、お盆頃に開催できるよう、幹事さんと協力して動いていきたいと思います。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」        

【1792日目】NPO偏差値52

評価:
Le Couple,藤田恵美,尾崎きよみ,奥野秀樹,水野幸代,渡辺等,佐橋佳幸,門倉聡,日向敏文,Tore Johansson,中西俊博
ポニーキャニオン
¥ 5,148
(2004-07-22)


図書館でレンタル。「ひだまりの詩」、懐かしいですね〜。1997年、私は高校1年でした。

本日は、オフだったのですが、育児をしつつ、ちょこちょこ仕事。

読売新聞のフローレンス駒崎さんの記事「経済的にどう成り立たせるか考える」を読んで、どうやったらNPOで億単位の資金を集められるかを、日々考えております!

ホワイトハンズは、現時点では対価モデルの事業型NPOとして、かれこれ5年近く黒字で運営しているので、全国4万のNPO(おそらく半数以上は赤字)全体では、まぁ偏差値52くらいの売上規模はあると思うのですが、偏差値70オーバー=「億」となると、まだ想像がつかない・・・。みんなの憧れ・フローレンスさんは、偏差値80位でしょうか(遠すぎ)。

1000〜2000万程度ならば、どうにかモデルの想像がつきそう&現状の拡大再生産でどうにかなりそうなのですが、1億の設計図は、私の器が小さいため(汗)、ちょっと書けないですね。介護保険型のNPOであれば、1億は比較的到達しやすいそうですが。

ただ、予算1億は、NPOとして、ある意味、最低ラインのような気もするんですよね。企業の視点から見れば、売上1億レベルは、ガンダムで言うところの「ザク」「ジム」レベルでしょうし。

というわけで、頑張って自分の器を広げて、5年以内に、NPOとしての年間予算、1億を目指したいと思います。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1791日目】ららあーと(3月3日)、参加申込締め切り間近


これをやりたくてたまらない今日この頃です(笑)。といっても、3DS自体持っていないので(汗)、Amazonギフト券を貯めて、年内には買おうと企んでおります。「7」、発売当時の2000年、浪人時代の秋(おいおい)にやり込みましたね〜。クリアはしたものの、結局石板が見つからず、裏ボスまで行けなかった記憶が。

本日は、一日「性護ケーススタディ48」の執筆。今月中にはできます!

3月3日(日)開催予定の、2013年・第1回目のバリアフリーのヌードデッサン会「ららあーと」、参加申込締切まで残り1週間です。定員も残り少なくなっておりますので、お申し込みはお早めにどうぞ〜。

また24日の日曜日、弟の主催している料理教室@黒崎市民会館にモグる予定です。参加予定の皆様、宜しくお願いいたします。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」          

【1790日目】街角メール便物語


長年読もう読もうと思っていた本作に、ようやく着手。最近、長編小説読んでいなかったので、年内に読み切れるよう、頑張ります〜。

本日は、午前仕事で午後育児。

事務局の近くにあるセブンイレブンで、メール便を出しているのですが、セブンのメール便、店舗によって(店員さんによって)対応速度がまちまちで、結構怖いですよね。

事務局の近くにも、3軒セブンがあるのですが、メール便の受付処理方法を完璧に理解してくれている店員さんのいるところは1軒しかないので、いつもそちらを利用しております。

時間が無い時は、近場のセブンや、通りかかりのセブンで出してしまうのですが、そういう場合は、たいてい店員さんがメール便の受付処理をしたことが無く、物凄い時間がかかるか、客の私が「こうするんですよ」と教えるか(笑)、どちらかです。

で、今日はいつも通っている「完璧なセブン」さんに行ったのですが、新人の店員さんがレジにいて、案の定、いつもの5倍くらい時間がかかりました。

私も、浪人時代にコンビニバイトしていて、レジ対応の大変さ&新人の精神的プレッシャーは嫌というほど分かっているので、そういう時でもニコニコしているのですが、その新人店員さん、先輩の店員さんにフォローされたり、厳しそうなオーナーに怒られながら、どうにかメール便の受付処理を完遂してくださいました。GOOD JOB!

どんな仕事でも、当たり前のことを当たり前にやるのが、一番難しい、ということを、改めて考えさせられましたね。新人さん、また明日以降もちょくちょく通うので、宜しくお願いいたします(笑)。


*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」         

【1789日目】「性の介護」に、介助器具&自助具は不要


白河桃子さんの本は、ほぼ全てチェックしております!

本日は、午前中は、3月16日(土)に開催予定の体験型講座「ホワイトハンズ大学@渋谷」のPR業務。

全国で開催されているヘルパー2級(介護職員初任者研修)の講座や、介護福祉士の養成学校のカリキュラムに、性護をぜひ入れてほしいので、その辺も踏まえて、PR活動に精を出したいと思います〜。

午後は、ひたすら「性護ケースステディ48」の執筆。今月末までには、どうにか目途をつけたいですね。


話は変わって、性護と自助具の関係について、結構定期的に問い合わせを頂いているので、このブログで書いておきます。

毎年、アダルトグッズメーカーの方から、「ケアサービス用に、グッズを寄付したい」「無償提供したい」というお申し出を頂きます。

そのたびに、感謝+お断りの言葉と同時にお伝えしているのですが、ホワイトハンズでは、障害当事者の方が必要としているのは、自助具や介助器具ではなく、あくまで「人間関係」だと考えています。

家族、介助者、ケアスタッフ、友人、恋人、配偶者などの信頼のできる人間関係があれば、性的支援に際して、自助具や器具は一切不要です。

もちろん、「あると便利だよね」的なものは、確かにあると思いますが、「持ち手をつける」「置き場を作る」程度のことは、自分で工作すれば(介助者にしてもらえば)できるので、わざわざメーカーが商品化したりするレベルのものではない。

創業以来、全国の多くの障害当事者や難病患者の方々にお会いしていますが、「信頼できる人間関係が欲しい」という声は聞くことはあっても、「自助具が欲しい」「作ってください」という声は、一度も聞いたことがありません。

「身体の不自由な障害者の人には、自助具を与えれば喜んでくれるだろう」というのは、あくまで、健常者目線の発想でしかない、と考えております。

そう、これまで、ほぼ全ての店舗が失敗に終わっている「障害者向け性風俗」と、全く構造は同じわけですよ。「障害者の人は、セックスできなくて困っているに違いない⇒だから、専門店をつくれば喜ぶ(儲かる)だろう」みたいな、ベタな発想ですね。

アダルトグッズメーカーの方から、「障害者向けの、性的な面での自助具の開発を行う非営利団体を作りたい」という声をお聞きすることもよくあるのですが、上記の理由から、(障害者向けの性風俗店が成立しえなかったことと同様に)「自助具の開発を行う非営利団体」は、これまでも成立しえなかったし、これからも成立しえないのでは、と思います。

もちろん、アダルトグッズで培ったノウハウを活かして、社会貢献的な活動をしたい、という志は、非常に素晴らしいことだと思うので、当事者のニーズを綿密に調査した上で、「健常者目線の思い込み」とは一線を画する商品やサービスを、ぜひ開発して頂きたいと思います。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

【1788日目】マンガ好きの人、集まれ


ざっと一読。「累犯障害者」と、構造的には同じ問題ですね。


都内の主要マンガ系専門学校様にプレスリリースを送らせて頂いたのですが、マンガの専門学校、いっぱいあるんですね〜。実際にメジャー誌で連載を持てるプロのマンガ家になれる可能性、東大なんぞに受かるよりも、圧倒的に難しいかと。

そういう意味で、凄まじい競争と努力を続けて、連載を続けてきたプロのマンガ家さんから直接お話をお伺いできるのは、私も、非常に楽しみであります!

また、セックスワーク・サミットに関しても、できるだけ色々な分野の方にお越し頂きたい、という思いはあります。こういうディープなイベントは、どうしても、特定の業界人や関係者(笑)で参加者が固まりがちなので、プロの漫画家を目指して東京で頑張っておられる学生さんや、市井の漫画好きの方に、ドンドコ参加申し込みを頂けると嬉しいです。絶対、楽しいですよ〜!

そして、地元つながりで、新潟市古町の日本アニメ・マンガ専門学校の学生さんの中で、もし「デリシンファンです!」「参加したいッス!」という方がおられましたら、特別に「新潟枠」作りますので、お気軽にお声かけください。あっ、渋谷までの交通費は自腹でお願いいたします(笑)。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」             

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM