【2221日目】明日は『男子の貞操』サイン会@新潟駅南



新潟のジュンク堂、新書部門で5位だそうです。

レジに持って行きにくいタイトルにも関わらず買ってくれた、心ある新潟市民のみんな、愛してるぜ!!

とりあえず、次週は打倒・里山資本主義で頑張ります。


ジュンク堂さんへのお礼も兼ねて、明日の土曜日、サイン会やります。

14時00分〜18時00分(@ジュンク堂書店新潟店 地下1階 カフェ プラチカ)です。まさかの4時間という長丁場ですね。

私がお茶飲みながら一人で読書会やってますので、1階の売り場で新書を買って、話しかけて頂ければ、サインいたします。

お近くを通られた方は、ぜひお越しください。さぁ、ブログの前のよいこのみんな、明日はジュンク堂地下で、僕と握手!!


**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売予定!

★ホワイトハンズ:2014年のイベント予定

4月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@福岡

5月24日(土) 「障がい者の性」基礎研修@広島

5月25日(日) 「障がい者の性」基礎研修@大阪

■6月1日(日) ヌードデッサン会「ららあーと@東京」

6月15日(日) 「障がい者の性」基礎研修@仙台

7月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@名古屋

8月9日(土) 生と性のバリアフリーフォーラム2014@渋谷

■8月9日(土) 派遣型性サービス初任者研修@渋谷

11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

【2220日目】48問48答

評価:
怒髪天
インペリアルレコード
¥ 1,906
(2014-04-09)

東京出張のBGMは「プレイヤー機廚任靴拭B膺佑砲覆襪海箸蓮▲押璽爛ーバーじゃないんですよね!

本日は充電しつつ、ちょこちょこ仕事。8月のサミットの企画書を早く練らねば・・・。

休んでいるよりも仕事をしている方が落ち着く、というのは完全にワーカホリックですよね笑。

「障がい者の性」基礎研修@福岡も、開催まであと10日と迫ってきておりますので、再度告知&広報に力を入れたいと思います!

先日の厚労省提言の話も織り交ぜてお話ししますので、ご興味のある方はぜひお越しください。27日(日)です。


**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売予定!

★ホワイトハンズ:2014年のイベント予定

4月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@福岡

5月24日(土) 「障がい者の性」基礎研修@広島

5月25日(日) 「障がい者の性」基礎研修@大阪

■6月1日(日) ヌードデッサン会「ららあーと@東京」

6月15日(日) 「障がい者の性」基礎研修@仙台

7月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@名古屋

8月9日(土) 生と性のバリアフリーフォーラム2014@渋谷

■8月9日(土) 派遣型性サービス初任者研修@渋谷

11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

【2219日目】紀伊國屋書店・新宿本店にて、『男子の貞操』祭り開催中!



厚労省で真面目な提言をした後に、新宿の紀伊国屋書店で、こんな胡散臭い似顔絵を書いておりました。

紀伊國屋書店・新宿本店にて、昨日より、まさかの『男子の貞操』祭り、開催中です!



書店員さんの手書きポップ+私の胡散臭い直筆似顔絵色紙付で、ドドドーンと平積みしております。



新宿本店さん、前著に引き続き、私ごときの拙い新書を猛プッシュしてくださり、本当に有難い限りです。

期間限定の春の珍事的なお祭りですので、新宿に行かれた際は、ぜひご覧ください。2階の新書コーナー右手です。

**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売予定!

★ホワイトハンズ:2014年のイベント予定

4月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@福岡

5月24日(土) 「障がい者の性」基礎研修@広島

5月25日(日) 「障がい者の性」基礎研修@大阪

■6月1日(日) ヌードデッサン会「ららあーと@東京」

6月15日(日) 「障がい者の性」基礎研修@仙台

7月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@名古屋

8月9日(土) 生と性のバリアフリーフォーラム2014@渋谷

■8月9日(土) 派遣型性サービス初任者研修@渋谷

11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

【2218日目】厚生労働省障害福祉課で、「障害者の性と生殖に関する権利の保障」に関する提言をしました



本日は、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課様にて、「障害者の性と生殖に関する権利の保障」について、提言をする機会を頂きました。

障害福祉課課長・専門官・対策官の皆様に、これまでのホワイトハンズの活動紹介と、そこから見えてきた「障害者の性と生殖に関する権利の保障」のあり方について、厚生労働省に提言をさせて頂きました。提言の場をセッティングしてくださった前厚労副大臣の西村ちなみさん、お忙しい中
提言をお聞きくださった障害福祉課課長・専門官・対策官の皆様、ありがとうございました。

提言の内容は、以下の通りです。

**********************************




◆提言 Ь祿下塋〇磴亡悗錣觧抉膽圓篝賁膺Δ龍軌蕁Ω修課程の中に、障害者権利条約で保障されている「障害者の性と生殖(性・生理・恋愛・結婚・出産・育児)の権利」に関する項目を入れてください。(そのために必要な研修・啓発事業を行ってください)

◆提言◆Ь祿欧里△訖佑、人間としての尊厳を持って生きていく上で必要な、最低限度の性の健康と権利を保証するための生理介助(生理用品の交換、射精の介助)を、「身体介護」の一環として、明文化・制度化してください。


【制度の現状】

現行の障害者福祉制度では、「障害者には、性が無い」「生理も来ないし、射精もしないし、恋愛も、結婚も、妊娠も、出産も、育児もしない」という前提で、あらゆる障害福祉サービス・制度・教育カリキュラムが構築されている。

内閣府の「障害者白書」にも、ほとんど記載が無い。介護福祉、医療看護の専門職の教育・資格の中でも、全く触れられていない。大学・専門学校・初任者研修等でも、一切教えられない。

女性にとっての生理、男性にとっての射精は、食事や睡眠、排泄などと同様の基本的生活行為であり、生活の質=QOLの核となる要素であるにも関わらず、現在の介護・福祉サービスの中においては、ケアの対象外となっている。


【現場の声】

しかし、障害者福祉の現場は、性に関する問題で溢れかえっている!

(例:介護現場でのセクハラ、家庭での性的虐待、学校・職場での性暴力、予期せぬ妊娠、TPOをわきまえない自慰行為、異性への抱きつき・つきまとい、出会い系サイトでの被害、性風俗の世界で働く軽度知的障害の女性・・・など)

⇒制度やサービスの欠如、当事者及び支援者に対する教育の不備、無理解や無関心によって、そういった問題に対応することが、ほとんどできていない。例えば、身体麻痺や拘縮、筋萎縮のある男性重度身体障害者や神経難病患者の多くが、生理用品の交換に苦労したり、男性としての基本的な生理現象である射精を、長期間(十数年〜数十年、場合によっては、生涯にわたって、一度も)行うことができずに、身体的にも精神的にも、大きな苦痛を味わっている。

障害のある人が、社会参加(=リハビリや自立生活、スポーツや就労)をするための最大のモチベーション(QOLの源)となるのは、多くの場合、性・恋愛・結婚である。

⇒そうした当事者のモチベーションは、支援者に理解されておらず、サービスや制度にも全く反映されていない!そのため、自立や就労などの社会参加に向けて、当事者をうまく動機づけることができない。動機付けの無い状態で、自立や就労を押し付けても、時間とコストだけが膨大にかかってしまい、成果が出ない。


【現場からの提言】

「障害のある人にも、性と生殖の権利がある」という当たり前の事実を前提として、障害者福祉に関する制度やサービス、教育システムの設計を行えば、当事者・支援者・行政の三方にメリットがある。

●当事者・・・人間としての尊厳をもって生きていく上で必要な「最低限の性の健康と権利」を確保できる

●支援者・・・当事者のモチベーションの理解に基づいた支援やサービスを行うことで、サービスの質と効用が高まる

●行政・・・制度運営に関するコストやトラブルが減り、障害者のQOLを向上させることができる。

⇒障害者の恋愛やセックス、結婚に対する直接的な支援は不要だが、そうした行為の前提となる、日常の生理や射精といった「人間としての尊厳を持って生きていく上で必要な、最低限度の性の健康と権利の保障」に関しては、厚労省が責任を持って取り組んでほしい。

<まとめ>

障害のある人が、人間としての尊厳を持って生きていくための「最低限度の性の健康と権利の保障」だけ、お願いします!

*************************************
<提言の後の、厚労省の皆様とのディスカッションで出た論点の一部>

●厚労省でも、知的障害者の性や結婚の問題をはじめ、各地の現場から「障害者の性」問題に関する報告は受けている。

●性介助を制度化する上でのハードルは、予算(お金)の問題と、管理者の問題がある。管理者の立場からすれば、利用者から要望があった場合に、職員やスタッフに命令して性介助をさせることは、立場上できない。断るしかない。

●射精介助に関して、人の手ではなく器具を使用するのはどうだろうか。ただ、器具を準備する前後の時間に身体接触が伴うので、結果的には同じことかもしれない(福祉用具専門官のご意見)

●河合香織さんの『セックスボランティア』、河東田先生の知的障害者への性支援の研究、結婚支援の事例、手をつなぐ育成会のハンドブック『性・SAY・生』などの情報は、こちらも把握している。(障害福祉専門官のご意見)

●性介助を提供するためには、通常の障害福祉サービスの中に組み込む方法と、(ホワイトハンズのような)性介助に特化した専門機関を作る方法がある。前者は難しい。

●看護師が性介助をやる、というのは、看護職の社会的地位向上の歴史に反することになる可能性があるため、抵抗が予想される。

●自閉症や知的障害児者への射精支援の場合、障害の程度によっては、トラブルを誘発する可能性がある。


<提言後の感想>

私の力不足もあって、全体的に、議論が「性介助を制度化することの難しさ」のみに偏ってしまい、当事者の抱えている悩みやニーズの話、具体的な啓発・教育事業の在り方に関する部分まで議論が進まなかったのは、大きな反省点になりました。

ただ、厚労省の皆様も、「障害者の性」問題を、(一般の地方公務員や施設職員よりははるかに)認識・理解してくださっているという点、何らかの形で解決策を打ち出していくべきだという点については一定の合意を得られたので、その点は非常に勇気づけられました。

「障害者の性と生殖に関する権利の保障」というテーマについては、他の政治的なトピックと同じく、「総論賛成・各論反対」になりやすいと思います。確かに、障害者の性と生殖の権利を守ることは極めて大切だが、いざ、射精介助などのような具体的なサービスをやるとなると、各方面から異論・反論・批判が出てきてしまい、結局何もできないまま時間だけが過ぎてしまう、という流れですね。

性介助の制度化、短期的には難しいと思いますが、長期的に見れば不可能ではない、というより、きちんと制度化しないと障害者の最低限度の性と生殖の権利すら守ることができないので、制度化を目指した活動・提言は、これまで通り引き続き続行していきます。

ただ、正攻法で性介助の制度化のみを訴えていくのは、あまりに効率が悪い&議論が一向に進まないので、提言,能劼戮新屡・研修事業の実施、及びそのベースとなるような「障害者の性と生殖の権利を保障するためのガイドライン(憲章)」の作成・普及を通して、外堀から徐々に埋めていく作戦をとりたいと考えております。


・・・以上、まだまだ提言活動は始まったばかりですが、厚生労働省の障害福祉課という場で、「障害者の性と生殖に関する権利の保障」について、約1時間、提言と議論をすることができた点は、障害者の性をめぐる社会史の観点からみると、ごくごく控えめに表現しても「歴史的快挙」だと思います。提言をお聞きくださった厚労省の皆様、提言の場をセッティングしてくださった前厚労副大臣の西村ちなみさんに、この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

ホワイトハンズを創業してから6年でこうした提言を実現できたのは、ひとえに全国の利用者・ケアスタッフ・支援者の皆様のおかげです!

今後とも、障害のある人の性に関する尊厳と自立を守るため、そして新しい「性の公共」をつくるために、鋭意頑張りますので、ご支援の程、何卒宜しくお願いいたします。


**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売予定!

★ホワイトハンズ:2014年のイベント予定

4月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@福岡

5月24日(土) 「障がい者の性」基礎研修@広島

5月25日(日) 「障がい者の性」基礎研修@大阪

■6月1日(日) ヌードデッサン会「ららあーと@東京」

6月15日(日) 「障がい者の性」基礎研修@仙台

7月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@名古屋

8月9日(土) 生と性のバリアフリーフォーラム2014@渋谷

■8月9日(土) 派遣型性サービス初任者研修@渋谷

11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

【2217日目】明日は東京出張

本日は、一日明日の東京出張準備。どうにか形になりそうです。

午後からちょっと時間が出来そうなので、都内の書店巡りをしようかな〜と企んでおります。『男子の貞操』の置かれ具合&売れ具合を観察して参ります!

**************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
新刊『男子の貞操』(ちくま新書)、4月9日発売予定!

★ホワイトハンズ:2014年のイベント予定

4月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@福岡

5月24日(土) 「障がい者の性」基礎研修@広島

5月25日(日) 「障がい者の性」基礎研修@大阪

■6月1日(日) ヌードデッサン会「ららあーと@東京」

6月15日(日) 「障がい者の性」基礎研修@仙台

7月27日(日) 「障がい者の性」基礎研修@名古屋

8月9日(土) 生と性のバリアフリーフォーラム2014@渋谷

■8月9日(土) 派遣型性サービス初任者研修@渋谷

11月16日(日) 「障がい者の性」基礎研修@京都

11月29日(土)「障がい者の性」基礎研修@渋谷

いずれも、定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください!

●今日の一冊

歯医者さんの待ち時間で読みました。もう少しで完読予定。

 

| 1/452PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM